受給には認定基準を超えることが必要な点や申請してからもらうまでに時間がかかることを理解しておくべき

使えるサービスについて

カウンセリングを受ける男性 うつ病になったという際には障害年金がもらえます。受給額はケース・バイ・ケースですが、就業不能保険などと組み合わせてみるべきでしょう。また、場合によってはもらえないこともあります。こうした場合に備えて健康保険などにも加入しておきましょう。

詳しく見る

用注意事項について

ハートと聴診器 障害年金を利用する場合には気をつけておきたいことも多いです。例えば、何度も申請しているとケース・バイ・ケースで申請不能になることも。他にも実際に保険金が降りるまでにはかなり時間がかかることもあるのでうつ病の際には気をつけてください。

詳しく見る

心の病になった時の対策

医者と看護師 仕事をするのが難しいほど悪化したうつ病になった時は、障害年金の制度を利用して対応する方法もあります。制度を利用するためには公的年金に入っていて、支払いをしている必要があるため注意しなければいけません。

詳しく見る

受給する前に

悩む中年女性

気をつけたい点と受給する場合のデメリット

最近大人の間でも増えている病気の一つが、うつ病になります。うつ病は、目に見えない病気ですので「甘えているだけ」なのといわれている時期もありましたが、最近は少しずつ理解をする人が増えてきており一つの病気として認識され始めています。この病気なる理由は様々ありますが、基本的にまじめな人ほどなりやすいという傾向があります。アルバイトやパートをしている人などがこのような病気になってしまった場合には、長期で休まないといけないことも少なくないでしょう。ただ、休んでしまう給料がもらえなくなりますのでその代わりに障害年金をもらうことは可能になります。この時に知っておくとよい情報としては、65歳以上はもらうことができないものです。むしろ65歳以下でない伴うことができないと覚えておきましょう。もらう時の条件ですが、障害認定基準を上回る障害状態なことが重要です。この時には、手帳が発行されている必要はありませんのでこの点は勘違いしないようにしましょう。後は、障害認定日が到来していることも障害年金をもらうための大事な条件です。障害認定日は、最初にうつ病で病院に行き、そこで診察した時から1年半経過した時のことを意味しています。この点、認定した日からしかお金をもらうことができないかといえばそのようなことはありません。もしそうすると、1年半会社に行けていない場合はその空白期間はお金がもらえないことになってしまうからです。この場合には、さかのぼって請求することも可能になりますので覚えておくとよいです。
もし、うつ病にかかって障害年金をもらうことができた場合には、しばらく生活に困ることはありません。もちろん支給される額も1年間で100万円未満になりますので、ぎりぎり生活できるかどうかの金額と言えるでしょう。決して、悠々と生活ができるものではないことを理解しておく必要があります。では、うつ病で障害年金をもらう場合のデメリットはどのようなものがあるでしょうか。デメリットの一つは、申請してから時給までには半年ほど時間がかかることです。審査機関の割には希望者が多いことから審査の時間は3カ月から4カ月ほどかかると考えておいてよいです。そこから初回支給日までおよそ50日かかります。これは、カードローンでお金を借りる場合のように即日審査や1週間以内の審査があるわけではありませんのでその点はよく理解しておかなければいけません。つまり、ある程度お金をためておいた方がよいことを意味しています。もう一つのデメリットは、扶養から外れてしまう可能性があることです。もちろんこれは、扶養に入っている場合が条件になります。障害年金の受給者が、被扶養者の場合に年収が180万円を超えた場合は不要から外れてしまうわけです。この年収は、会社で働いていたときの収入も関係してきます。例えば、最初の5カ月間は普通に会社に通っていましたが、その後うつ病になり会社に通うことができなくなったとします。この場合、障害年金の受給額が79万円だったとしたら、5カ月分の給料が101万円未満でなければなりません。このような条件もありますので、あらかじめ年金の合計金額などを計算しておいた方がよいです。

Copyright© 2019 受給には認定基準を超えることが必要な点や申請してからもらうまでに時間がかかることを理解しておくべき All Rights Reserved.